賃貸マンション・アパートでも電力は自由化って出来るの!?

光熱費 暮らし&住まい

賃貸マンション・アパートでも電力は自由化って出来るの!?

電気代を見直したいんだけど、電力自由化ってマンションやアパートだとできないのかな?

固定費を見直す際、電気代を節約したいと考えたことはありませんか?

電力自由化は一軒家のみ対象で「マンションやアパートは関係ない」と諦めてしまっている人も多いのではないでしょうか。

賃貸マンションやアパートでも電力会社と直接契約を交わしていれば電力会社の切り替えは可能です。

電力会社を切り替えることによって

  • 電気代を年間10,000円から20,000円削減することができる

といったメリットがあるので、電気代を節約したいと考えているのであれば電力会社の切り替えはオススメです。

本記事では、賃貸マンションやアパートで電力会社の切り替えが「できる条件」と「できない条件」を詳しく解説していきます。

 

この記事でわかること

  • 電力自由化とは?
  • マンションやアパートの電力切り替え
  • 電力自由化のメリットとデメリット

電力の自由化とは?

そもそも電力の自由化って?詳しく知りたいな!

これまでは各地域ごとの電力会社だけが電気の販売をしており、電気をどの会社から買うかを選ぶことができませんでした。しかし、2016年4月から既存の電力会社以外からでも、電気の購入先を自由に選ぶことができるようになりました。

各地域の電力会社の供給区域

各地域の電力会社の供給区域

電力が自由化されたことによって、既存の電力会社だけでなく様々な事業者が電力市場に参入することで競争を活性化させ、電気料金を抑制することができるようになりました。

これにより、「電気+ガス」、「電気+通信サービス」など様々な組み合わせの料金メニューやサービスが誕生することとなり、ライフスタイルに合わせて電気をどこで買うか自由に選べるようになりました。

同じ電気を買うなら少しでも安かったり、お得なサービスがあるほうがいいですよね!

 

賃貸マンションやアパートの電力会社切り替え

賃貸マンションやアパートの電力会社切り替え

賃貸マンションやアパートでは、電力会社は変更できないと思っている人が多いようですが、契約条件によって電力会社の切り替えは可能です。

どんな契約条件なら電力会社の切り替えができるの?

マンションやアパートには各家庭単位で契約をおこなう「低圧契約」とマンションやアパート全体で契約をおこなう「高圧一括受電契約」の2種類の契約形態があります。

  • 「低圧契約」の場合、電力会社と個別に契約を結んでいるため電力会社の切り替えが可能です。

マンションの場合、部屋数が多くなるほど、全体の電気使用量は増加します。そうしたときにマンション全体を1つの利用者と考え、一括して電気を購入することを「高圧一括受電契約」といいます。

マンションやアパートで「高圧一括受電契約」をおこなっている場合、電力会社の変更はできません。

しかし、全体で契約することによってコスト削減となり「低圧契約」に比べ、電気代が3割から4割ほど安くなっています。

「低圧契約」と「高圧一括受電契約」

低圧契約:ライフスタイルに合わせた電力会社を自由に選べる

高圧一括受電契約:すでに安い電気料金になっているので、電力会社を選べない

 

低圧電力と高圧電力の見分け方

低圧電力と高圧電力の見分け方

電気の契約は、供給電圧によって「低圧電力」「高圧電力」「特別高圧」の3つに区分されています。

「低圧」「高圧」「特別高圧」の違い

契約電力が50kw未満であれば「低圧電力」、50kw以上であれば「高圧電力」となっています。

一般的な契約電力

低圧電力:一般家庭や事業所などの電気使用量が少ない施設

高圧契約:工場や商業施設、ビルなどの電気使用量が多い施設

契約電力によって「低圧電力」か「高圧電力」かの違いがあることがわかっても、自分がどちらの契約形態なのかわからない人も多いのではないでしょうか。

低圧電力か高圧電力ってどーやって見分けるの?
自分の契約形態を簡単に見分ける方法を紹介するね!

 

電力明細に契約電力が記載

電力明細に契約電力が記載

電力会社が発行する電力明細所には「契約内容」の項目があり、「低圧電力」、「高圧電力」、「特別高圧電力」などの明記があるのでご自身の契約が低圧電力か高圧電力かを把握することができます。

 

従量電灯とは

低圧電力の代表的なメニューとして「従量電灯」と記入されている場合があります。
従量電灯とは、使用した電気量によって電気料金が決まるプランのことです。

 

高圧電力には「キュービクル」が必要

キュービクル

キュービクルとは、高圧電力を受電して100Vや200Vで使用できるようにするための変圧設備で、「変電設備」「高電圧」と記載があります。

マンションの外にキュービクルがある場合は高圧電力の契約となります。

 

電力自由化のメリットとデメリット

電力自由化のメリットとデメリット

電力の自由化によってどんなメリットやデメリットがあるの?

市場活性化で値下げやお得なサービスが登場

電力自由化によって、電力会社だけでなく異業種から様々な事業者が電力市場に参入したことによって、市場が活性化し電力会社同士の競争により電気料金の値下げやお得なサービスが誕生しました。

そのため、まとめて水道光熱費が安くなる「電気+水道+ガス」や通信費が安くなる「電気+通信サービス」、利用金額に応じて「ポイントが貯まる」など、ライフスタイルに合わせた料金プランが次々登場しています。

今後も異業種からの参入が見込まれるため、さらに料金メニューやサービスの拡充が見込まれています。

 

電気料金の設定が自由におこなわれる

これまでは、低圧契約の電気料金は地域ごとの電力会社が発電コストや人件費などの必要経費を算出し、国の認可を得て電気料金が決定されていました。

しかし、電力小売りが自由化されたことによって、各事業者が自由に料金を設定できるようになりました。

新規参入した新電力会社は、既存の電力会社より安い電気料金か魅力的なサービスをおこなわなくては契約を切り替えてもらうことはできません。

そのため、既存の電力会社に比べ低価格な電気料金の設定が打ち出されることとなりました。

 

解約時に違約金が発生する可能性がある

従来、引っ越しをするまで電気の契約を解約する必要はありませんでした。しかし、新しく登場した料金プランには一定の期間の契約を定めているものもあり、途中で解約をする場合違約金が発生する可能性があります。

契約の際には料金プランを必ず確認するようにしましょう。

これまでにはなかった魅力的なサービスが増えた半面、解約時の違約金など注意しなければいけないこともあるため契約時の確認は必ずおこないましょう!

まとめ

最後にこの記事をおさらいしておきましょう!

マンションやアパートであっても「低圧契約」の場合、電力会社と個別に契約を結んでいるため電力会社の切り替えが可能です。

「高圧一括受電契約」をおこなっている場合、電力会社の変更はできません。しかし、全体で契約することによってコスト削減となり「低圧契約」に比べ、電気代が3割から4割ほど安くなっています。

 

-光熱費, 暮らし&住まい

Copyright© 育てる資産.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.