自炊と外食!1人暮らしならどちらが安上がり?

暮らし&住まい 食費

【食費】自炊と外食!1人暮らしならどちらが食費を抑えれる?

食費は生活するうえで毎日必要なものだから、食費は少しでも節約したいですよね。そのためには、自炊と外食のどちらが食費を安く抑えれるのか知りたいと思いませんか?

 

毎日自炊してるんだけど、1人分だとお惣菜や外食の方が安く抑えれるんじゃないかな?どちらが食費が安いか詳しく知りたいな!

 

こんなお悩みを解決します。

 

この記事でわかること

  • 1人暮らしの食費の平均金額
  • 1日の自炊と外食にかかる金額
  • 「自炊」と「外食」食費が安く抑えれるのはどっち?

 

食費を節約しようと考えたとき、1人暮らしの食費がどれぐらい必要なのか分からないと、目標設定が出来ませんよね。そのためには、自分の食費が周りと比べてどれだけかかっているかを把握することが重要になります。

 

食費を節約するには

  • 1週間、1ヵ月の食費を決める
  • 安くて栄養価が高い食材を活用して自炊
  • 日持ちするレシピでまとめて作り置き

この3つのポイントを抑えることが重要になります。

 

本記事では、1人暮らしの食費の平均金額と「自炊」と「外食」どちらが安上がりなのかを解説していきます。

 

少しでも食費を節約したいと考えている人は、最後までじっくりと記事を読んで実践してみてください。

 

【食費】1人暮らしの平均金額っていくら?

1人暮らしの平均金額っていくら?

総務省が実施した35歳未満の1人暮らしの家計調査を見ると、男性の平均金額が45,693円、女性の平均金額が35,021円となっています。

男女で1万円程の差がありますが平均すると1ヵ月の食費は約4万円になります。

 

男女別の食費割合

食費
男性 45,693円
女性 35,021円
平均 35,021円

 

男性の食費が高い理由として、仕事の付き合いでの外食や、食べる量の違いや、女性に比べて飲酒量が多いことが、1ヵ月で1万円も食費が高くなってしまっているといえます。

また、1人暮らしの勤労者の平均金額が40,026円、勤労者以外の平均額金額が36,391円となっています。

 

勤労者と勤労者以外の食費割合

自炊(惣菜・弁当含む) 外食 合計
単身者全体 29,373円 10,653円 40,026円
勤労者 27,692円 16,914円 44,606円
勤労者以外 30,698円 5,693円 36,391円

 

この統計結果から、1人暮らしの食費の平均金額は約4万円、外食を除いた場合、3万円程になります。

 

地域による食費の違い

地域によっても食費の割合は異なります。総務省統計局の家計調査では、1人暮らし世帯の食費の平均金額は近畿地方が44,435円、関東地方が43,056円と大都市ほど多くなっています。

また、近畿地方と九州・沖縄地方とでは1ヵ月の食費に1万円程の差があり、地域によって金額は大きく異なっています。

 

地域別1人暮らしの食費

自炊(惣菜・弁当含む) 外食 合計
全国 29,373円 10,653円 40,026円
大都市 29,295円 11,728円 41,023円
中都市 30,099円 10,742円 40,841円
小群市・町村 28,803円 8,939円 37,742円
北海道・東北 28,332円 6,063円 34,395円
関東 30,370円 12,686円 43,056円
北陸・東海 28,170円 10,603円 38,773円
近畿 30,607円 13,828円 44,435円
中国・四国 28,062円 6,587円 34,649円
九州・沖縄 28,077円 7,736円 35,813円

食費は手取りの15%が理想!

1人暮らしの1ヵ月の食費の割合は、一般的に手取り収入の10〜15%が理想とされています。この割合は食費を考える上での目安となりますが、地域や収入によって金額の調整が必要になります。

 

手取りに対する割合が10%から15%って具体的にどれぐらいなの?
それでは、詳しい金額を見てみましょう!

 

手取りに対する食費の割合

手取り 10% 15% 平均
18万円 18,000円 27,000円 22,500円
20万円 20,000円 30,000円 25,000円
22万円 22,000円 33,000円 27,500円
24万円 24,000円 36,000円 30,000円
26万円 26,000円 39,000円 32,500円

 

手取りによって食費の割合が大分違うね。

 

手取りの10%から15%はあくまで目安なので、無理に食費を削って健康に害が出るようでは本末転倒です。まずは、「住居費」「光熱費」「保険」などの固定費を見直した上で「食費」の見直しをおこなうのが良いでしょう。

 

自炊と外食どちらが安いの?

自炊と外食どちらが安いの?

自炊の場合は、工夫次第で1週間で食費を3,000円から5,000円に収めることができます

スーパーで安い食材を買って作れば、1食100円から500円で作ることができます。また、まとめて作り、お弁当にすることでより節約に繋げることができます。

外食の場合、朝食に400円のモーニング、昼食に800円のランチ、夕食に1,000円のセットなどを食べた場合には、1日2,000円以上かかることになります。

 

自炊と外食1日に必要な金額

  • 3食自炊:1,000円以下
  • 3食外食:2000円以上

 

3食自炊と外食で倍ぐらい金額がちがうんだね!
自炊は工夫次第でもっと節約することができるよ!

 

簡単な料理で食費を節約

料理をするには調理器具や調味料が必要になります。一式揃えるにはお金がかかり、自炊を続けれなければ無駄になってしまいます。手の込んだ料理は、手間と時間がかかるため簡単な料理から自炊に慣れていきましょう。

食材を購入する際は、色々な料理に使えたり、幅広いバリエーションに使うことができる食材を選び、食材が無駄になってしまわないようにしましょう。

 

安くて栄養価が高い食材

安くて栄養価が高い食材

1人暮らしだと使いまわしが効く食材じゃないと無駄が出ちゃうよね。オススメな食材ってないかな?
安くて栄養価が高い食材を見てみよう!

 

節約の代表的な食材といえば卵です。アミノ酸をはじめさまざまな栄養素が詰まっているので栄養価が抜群です。

また、納豆や豆腐なども安い上に、たんぱく質やビタミン、ミネラルが豊富でオススメな食材です。朝食に食べることが多い食材ですが、アイデア次第で様々な料理に活用することができます。

野菜の価格が高騰している時期には、いつでも安く買えるもやしや豆苗がオススメです。

 

安くて栄養価が高い食材

  • もやし
  • 納豆
  • 豆腐
  • 鶏むね肉
  • キャベツ
  • 玉ねぎ
  • じゃがいも

 

まとめ:節約レシピを活用した「自炊」がお得!

節約レシピを活用した「自炊」がお得!

最後にこの記事をおさらいしておきましょう!

 

食費を節約するには

  • 1週間、1ヵ月の食費を決める
  • 安くて栄養価が高い食材を活用して自炊
  • 日持ちするレシピでまとめて作り置き

この3つのポイントを抑えることが重要になります。

 

毎回料理をすると時間と光熱費がかかり、作るのも大変ですよね。

日持ちするレシピを活用してまとめて作り、他の料理にも活用したり、食べる際にアレンジすることで節約しながら料理を楽しむことができるでしょう。

-暮らし&住まい, 食費

Copyright© 育てる資産.com , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.